<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 地球検定50問〜第14弾〜 | main | 地球検定50問〜第17弾〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
地球検定50問〜第15弾〜
メルマガで、「地球検定50問」というコーナーが始まっております!!
自分が住んでいる地球のことを知るチャンスです!

是非チャレンジしてみてください!!



第31問-生物編-
生物が持っている技術に学び、真似することで、環境負荷を減らしていく研究が
注目されています。

では、「ゴミムシ」が持っていて、
人間の社会に役立てられることが期待されている能力は?

A:高温の気体を噴射する B:音もなく飛ぶことが出来る C:汚れない外殻を持つ


第32問-地理編-
世界標準時(グリニッジ標準時)の標準となった経度0地点の「グリニッジ天文台」は
もともとイギリスのどこにあった?

A:ロンドン B:オックスフォード C:ケンブリッジ



今回はこの2問です!!正解発表は下ですよ☆


問題提供さま:Think the Earth HP
http://www.thinktheearth.net/jp/index.shtml











前回の答え(下からドラックしてください〜!!)

第31問-生物編- 答えA:高温の気体を噴射する
外敵からの攻撃を受けると、わずか15ミリほどの体から
100度近い気体を爆発的に噴射する。
音もなく飛べるのはフクロウで、新幹線のパンダグラフの形状に生かされた。
汚れない殻はカタツムリで住宅の外壁材などの防汚技術の元に。


第32問-地理編- 答えA:ロンドン
もともとはロンドン郊外に、1990年にケンブリッジに移転した。
今でも経度0の地点はグリニッジ天文台の「元の所在地」を基準としている。
| comments(0) | trackbacks(0) | メルマガ |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック